夜更かしするほど面白い本を紹介するブログ

読書好きの金沢人が、ついつい夜更かししちゃう面白い本をつれづれと紹介していくブログです。

田中芳樹「銀河英雄伝説」

夜更かしするほど面白い本といえば、この本を紹介せずにはいれないでしょう。

私も中学生のころ、夜更かしを続けて夢中で読みました。

あまりにも有名な、田中芳樹先生の「銀河英雄伝説」です。
本編は全10巻のストーリーで、1巻はこれまで100刷以上重版され、全体で1500万部以上が発行されています。

はるかな未来、自由惑星同盟(フリープラネッツ)所属の軍人ヤン・ウェンリー提督と、銀河帝国の皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラムの、ふたりの英雄を軸にお話は紡がれています。

150年間膠着していた二つの陣営での争いは、同時期に二人の天才が両陣営に現れたことで大きく歴史が動いていきます。

二人の英雄の他にも、ジークフリード・キルヒアイス、ウォルフガング・ミッターマイヤー、オスカー・フォン・ロイエンタールユリアン・ミンツなどの数多くの英雄達が登場し、攻防と権謀術数とドラマを繰り広げていきます。

 

細かく描かれた時代背景をベースとして、重厚な歴史・人間ドラマが美しい文章で描かれています。

中学生ではじめて読んだときは「こんなに面白い本がこの世にあったのか!」と驚いて夢中で読みましたし、大人になって読み返しても「こんなに深いことが描かれていたのか」と、田中芳樹先生の偉業をあらためて称賛してしまいます。

個人的には、なぜこの本が直木賞などの文学賞に選ばれることがないのか、不思議です。おそらく多くの現役作家さんも影響を受けたような、こういった本こそ賞を与えて後世に残していくべきではないでしょうか?

 

まだ読んでいないという方はぜひ読んでみて下さい。人生もったいないですよ。

ただし、夜更かし要注意です、、