夜更かしするほど面白い本を紹介するブログ

読書好きの金沢人が、ついつい夜更かししちゃう面白い本をつれづれと紹介していくブログです。

司馬遼太郎「燃えよ剣」

まずは自分が本好きとなったきっかけから。それは中学時代に司馬遼太郎先生の「燃えよ剣」を読んだから、と言ってもよいでしょう。

それくらい後の自分に影響を与えた本です。今でもこの面白さを超える本を探すために、本屋に通っているようなものです。

昔お会いした日本の超優良企業T社の役員さんとも、この本のおかげで話が盛り上がることができました。

その役員さんいわく、「作家は死ぬ時、自分の最高傑作を2作だけ墓に刻むことができるが、司馬遼太郎が刻んだのはこの「燃えよ剣」と「俄(にわか)」なんだよ」と教えてくれました。

本当かどうかはまだ確認していませんが、司馬遼太郎先生はそれくらいこの本のことを気に入っておられた、ということをおっしゃっておられました。

(この役員さんは関西出身の方で、生前の司馬さんともご面識があったようです)

 

燃えよ剣」は、言わずとしれた新選組の副長・土方歳三(ひじかたとしぞう)の生涯を描いた本です。

土方歳三を描いた本や映画、漫画はその後もたくさん出ていますが、鬼の副長とよばれた土方の生き方を、これほど鮮やかに描いた作品には私はいまだ出会っていません。

 まだ読んでいないという方はぜひご一読を。

ただし、夜更かし必至ですので要注意を。